エンドパネル

中古車を販売している店で購入するときには、「修復歴」をきちんと確認しておくことが大切だと言えます。

 

中古車販売店では、交通事故や災害などに遭った事故車を、修理をして販売している車が多いです。修復歴とは、以前に車体のさまざまな部分を修理したり交換したりしたことが記されているものです。
しかし、文字で修復歴を見ただけではよくわからない場合があります。
特に、エンドパネルなどは自分で車のトランクを直接開けて、目で確認しておきましょう。

塗装が少し不自然になっていたり、溶接した跡がいびつになっていたりした場合は、事故車で交換したという可能性が出てきます。
このように、事故車を販売している場合もあるので、そのような車に乗るのをためらう方は、自分の目でエンドパネルをきちんと見ておきましょう。

 

一方で、あまり気にしないという方の場合は、普通に中古車を購入するよりも安価で買うことができるのでお得だと言えるかもしれません.。

 

以前なにかのコラムで中古車を車体価格1000円で購入して名古屋から東京へ運転して帰ったなんて記事があり面白かった記憶があります。

結局あまり問題なく東京まで帰れたそうで、のりごこちもとても良かったそうです。

でも1000円の車なんて聞いたらすぐに飛びつきたくはならないですよね(笑)